子供たちの個性を輝きに変える

教育の世界と福祉の世界、どちらにも身を置いて感じることは、
「どのお子さんもかがやく力を持っている」ことでした。
発達に凹凸のあるお子さんは、持っている個性やこだわりが
本人や周囲の困り感につながっていることが多く見受けられます。

しかし、その凹凸を強みに変えることができれば、本人にとっても、
また将来の社会にとっても、大きな力となるはずです。
「発達に凹凸のあるお子さんに力をつける」、だけではなく、
「将来の社会にお子さんの持つ力を加える」ことをミッションとしています。

かがやきアカデミーのいろいろなプログラムで、
自分自身を知り、自分の強みを見つけていく、
そのきっかけになれたら、と考えています。

発達に凹凸を持った子も「強み」を社会で発揮していくために

アカデミー代表成田 憲彰

To Beの気持ちで

どの時代でも 人間が本来、大切にし決して変わらないもの…

明るく、前向きに思いやりの心で

「善意」「誠意」「謙虚」「感謝」「愛」を

自分の原則、ものさしに還り

そして選択して行動することを心がけています。

ここで出会う子どもたち、保護者、スタッフと対等な立場で Win-Winの空間を築きたい

To Beの気持ちで 夢と希望を抱いて日々学んでいます。

To Beの気持ちで

教室管理者臼田 正樹

心の中は宝物でいっぱい

何も言わないけど、本当は助けてほしい気持ち。

大丈夫!って言ってるけど、本当は伝えたい気持ち。

やりたいことない!って言ってるけど、ほんとうはやってみたいこと。

得意なことなんてない!って言ってるけど、何気ないあの優しさ。

心の中にあるものは、宝物です。

思いや”かがやき”を、

皆さん自身の力で引き出せる将来のために。

いっしょに「かがやく宝物探し」をしていきましょう!

心の中は宝物でいっぱい

保育士・ビジョンナビゲーター伊藤 友里

笑顔で向き合っていきたい

子どもたちの成長するペースは1人1人違います。

そのペースに合わせて支援できるように努めていきます。

そして楽しいなあ、嬉しいなあと毎日感じられるように1人1人に寄り添い、

笑顔で子どもたちと向き合っていきたいと思います。

笑顔で向き合っていきたい

保育士・ビジョンナビゲーター春原 彩乃