気付く力

子ども達の姿

学校の新年度が始まり、

2,3日目になります。

 

長野県で入学式に桜が咲いているのは珍しいね、というお話から、

「僕の学校では、入学式のときは桜がもう散り始めていたんだよ!」

と教えてくれた小学生のお子さんがいました。

少しの変化に気づける感性が、すばらしいですね。

 

今日は、

中学生が多く利用していました。

春休み中に利用を開始したお子さんは、

制服姿で来室。

段取りボードを作る際、すぐに学校の宿題の計画を立てていて、

しっかり学校生活モードに切り替わっている様子でした。

最後に宿題を必ずやる!とのことで、

そのセッションは何時からだろう?と確認し、

その開始時間の10分前の時間を段取りボードに書き込んでいました。

 

「ピンポーン」のベルが連続して鳴り響きました。

ドアを開けると、同じ学校に入学した2人の中学生。

真新しい制服に身を包んだ姿に、

改めて、将来のために今できるサポートをしていこうと、

こちらの気も引き締まります。

 

ある中学生に、この教室は、

学校に入る前のお友達もこれから利用するんだよ、

と話すと、

教室の環境などで、こうしたらいいのでは?

と小さなことにたくさん気づき、提案をしてくれました。

スタッフも、なるほどなあと感心!

その後、かわいらしい絵が得意なことから、

子ども達が喜びそうなカードを作ってくれました!

 

子ども達の、気付く力に、

スタッフも学ぶことが多い一日でした!

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。