癇癪やイライラの前に食べておきたいあの食材とは

かがやき保健だより

こんにちは!かがやきアカデミーです。

 

今日はなぜかイライラするなーという日はありませんか。

子どもたちがなぜかおちつかないとか、癇癪がひどいとか。

 

そんな時、イライラする前になにを食べたかを少し覚えておくと

解決策が見出しやすいかとおもいます。

 

糖質たっぷりのお昼ご飯やおやつだと、

疲労、血糖の乱高下によるイライラ、焦燥感、集中力が切れる

やる気の低下、ビタミンB欠乏、老化のスピードも6倍

こんな症状が出やすくなります。

 

糖質を過剰に摂ると、ビタミンB1が尿として流れでてしまう。

ビタミンB群ってすごく大事な栄養素なので、これが欠乏すると

ミトコンドリアが動かない。つまり体の発電所が動きません。

すぐ、エネルギー切れて、疲れた〜が口ぐせになります。

 

糖質全てが悪ものではないけれど、

糖質には種類があるので

きちんと理解したうえで良質な糖質を摂るのがポイントです。

 

糖でいったらオススメはデンプン

ごはんは良質なでんぷんの塊です。

血糖の維持には分食がオススメですが、

お寿司サイズのタンパクおにぎりを作っておくのが一番いい。

しらす入れたり、シャケたんまり入れたり。

おにぎりにすることで、炊きたておにぎりより血糖値も上がらないし、ササニシキのお米にすれば腸の粘膜の栄養にもなる。しかも腸内細菌たちの餌にもなります。

 

食べるタイミングは、イライラしそうになる前に食べてください!

夕方におにぎりを少しだけ食べておくと、

お母さんは夕飯を作る気力が湧いてきたり、子どもは宿題にしっかり取り組めたりするかもしれません。

 

ぜひお試しください。

 

 

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。